防水工事
トップページ > 防水工事

防水工事

普段の生活において防水を意識することはあまりないかもしれませんが、快適な職場環境を維持するためにも、建物の寿命を延ばすためにも、防水はとても大切です。

防水工事とは

防水工事とは、建物が直接水にさらされる箇所に防水処理を行う工事のことをいいます。防水が十分にされていない場合、雨漏りや漏水の原因になるだけでなく、建物の腐食や悪臭を引き起こすこともあり、職場環境の悪化は免れません。
また、雨漏りや漏水による腐食やカビなどは、ぜんそくやシックハウス等の健康被害を引き起こすほか、建物の耐震強度を下げることでも知られています。安全な職場環境を維持し、大切な従業員様や利用者様を守るためにも、適切な防水ができているかをチェックすることが大切です。

メンテナンスについて

一般的に、防水の耐久年数は10年から15年程度といわれています。雨漏りや漏水を引き起こしてから修理する場合もありますが、一度この段階でチェック・補修をすることにより、メンテナンス費用を大きく節約することが可能です。また、建物のヒビや塗料の剥がれも防水性を下げる要因となります。見つけたらすぐにメンテナンスをおこない、大切な建物の強度や寿命を守りましょう。


メンテナンスをお考えの際には、ぜひお気軽にご連絡ください。当社ではオフィスビルの屋根などのフラットルーフ防水を最も得意としており、以下の防水工事に対応いたします。

  • ウレタン防水
  • シート防水
  • アスファルト防水
  • その他各種工事

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

新着情報&ブログ

過去の記事